読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Elasticsearch の概要を調べてみた

今日から Elasticsearch について調べたことのメモ書きとして、当ブログにまとめていきます。

Elasticsearch とは

Elasticsearch は全文検索エンジンであり、多種多様なクエリ、集計、スケーラブル、高可用性、ユーザーフレンドリなAPI、拡張性を特徴としています。競合ツールとしては Apache Solr があげられると思います。

多種多様なクエリ

全文検索エンジンと聞いて、構文解析形態素解析を思い浮かべる方も多いかと思います。Elasticsearch でももちろん構文解析形態素解析ができます。ただそれだけではありません。

単純なところでは数値や日時の比較ができます。RDBMS でもできるので、Elasticsearch の特徴にはなりませんが、例えば、20歳以上、30歳未満といった客層データの検索、2016/1/1以降、1/31以前といった一定期間の売り上げデータの検索が可能です。

珍しいところで言えば、地理情報です。緯度経度情報を扱うことで、ある地点から、ある地点への距離を検索(算出)することができます。例えば、複数のお店の地理情報を入れておき、現在地から近い順にソートして検索することができます。

集計

Aggregation という機能でデータを集計することができます。例えば、年齢が20台、30台などといった一定のスパンでの購入件数、合計購入金額を検索でき、それにより客層の購入分析を行うことができます。例えば、1日の1時間毎の購入件数、合計購入金額を出すことでどの時間帯の売り上げが良いのか知ることができます。

スケーラブル

Elasticsearch は複数ノードでクラスタを組むことができ、データが入ってからもノードの追加・削除が可能です。運用が始まってからもパフォーマンスが不足しているようであれば、ノードを足すことができますし、パフォーマンスが余剰であれば、ノードを減らすことができます。

高可用性

クラスタで得られる恩恵はパフォーマンスの調整だけではありません。ノードでデータのレプリカを持つことで、可用性を高めることができます。全てのデータのレプリカを異なるノードに配置することで、一つのノードが障害でダウンしても、サービスの損失を防ぐことができます。データ量は倍となりますが、本番環境ではレプリカを持たせることは必須でしょう。

ユーザーフレンドリなAPI

Elasticsearch は RESTfull な API を提供しています。HTTP/HTTPS リクエストが送信できる環境であれば、誰でも利用することができます。RESTfull API だけでなく、各種言語による SDK も提供していますので、プログラムに組み込む時は SDK を利用することでエラー処理や、共通処理を実装することなく利用することができます。

拡張性

Elasticsearch はプラグインを提供しています。Elastic 社が提供するプラグインから、コミュニティ、個人が提供するプラグインなど色々あります。

Elasticsearch 関連プロダクト

Elastic社は Elasticsearch だけでなく、関連プロダクトを提供しています。Elasticsearch 5.0 から Elasticsearch を含む主要 4つのプロダクトを Elastic Stack として提供しています。4つとも OSS で Elastic社が持つ Github リポジトリで管理されています。

  • Elasticsearch
  • Kibana
  • Logstash
  • Beats

Kibana

Kibana は Elasticsearch に入っているデータを可視化するツールです。円グラフ、線グラフ、棒グラフ、地図など各種グラフにて Elasticsearch の検索、集計を利用して可視化することができます。また各種グラフを一つの画面に並べることでダッシュボードを作成することも可能です。例えば、ECサイトマーケティング担当向けにダッシュボードを作成するとしたら、アクセス数、購入金額、商品別の購入数、時間帯別の購入数と商品品目、時間帯別の購入数と購入年齢層・性別などをいい感じに可視化することができます。

また X-Pack というプラグインなどと組み合わせることで、Elasticsearchクラスタの監視、Elasticsearchへのアクセス制御なども可能となっています。

Logstash

Logstash は Elasticsearch にデータを入れる仕組みを提供するツールです。Elasticsearch は RESTfull APISDK などを利用してデータを入れることができますが定期的に入れる場合、スクリプト、プログラムの実装が必要となります。Logstash は入れたいデータの元、データを入れるElasticsearchの情報を設定ファイルに指定するだけで Elasticsearch にデータを入れることができます。例えば、Apacheaccess_log を Elasticsearch に入れる場合、ファイルプラグインaccess_log の差分を定期的に取得し、Grokプラグインaccess_log のメッセージを解析・変換し、Elasticsearch にデータを入れてくれます。それを Kibana で可視化することでアクセス解析、パフォーマンス解析することが可能です。

Logstash はプラグインの組み合わせで処理パイプラインを形成します。プラグインは大きく、インプット、フィルター、アウトプットに分けられます。インプットは取得するデータソースを表し、ファイル、JDBC、標準入力、AWS S3など多数あります。フィルターはインプットで取得したデータの絞り込み、変換を表し、文字列→日付変換、文字列をデータパターンから構造化データへの変換など多数あります。アウトプットはデータの出力先を表し、Elasticsearch だけではなく、ファイル、JDBC、標準出力など多数あります。

Beats

Beats は役割は Logstash と同じく Elasticsearch にデータを入れる仕組みを提供するツールです。Logstash との違いは、機能が限定されているが、軽量・高パフォーマンスだという点です。Logstash のような多種多様なプラグインはなく、データ取得元毎にプロダクトが別れています。データ出力先も Elasticsearch、Logstash、Apache Kafkaなどと限定的です。

現在提供されている Beats プロダクトは以下となります。

  • Packetbeat
  • Metricbeat
  • Filebeat
  • Winlogbeat

まとめ

Elasticsearch は単純な検索エンジンだけではなく、関連プロダクトと組み合わせることでユースケースが非常に広がりそうだと思っています。

次回は Elasticsearch クラスタのインストール、立ち上げ方を解説します。